フォトアルバム

last.fm

ブログパーツ

Beck関連サイト

Beck以外の音楽 Feed

2010年2月27日 (土)

PRINCE - CAUSE AND EFFECT

プリンスの新曲。かぁーーーーこぃぃぃぃぃいいい!

と言う事で、自分用に張り付け。

2009年12月21日 (月)

This Is It - Michael Jackson

やっと先週末、観てきました。
マイケルは特に大好きって訳ではなかったけど、80'sに中学時代をすごした者にとって、マイケルはもちろん、King of Pop、無視できない存在だったわけです。
それで、先週金曜からはじまった、アンコール上映に行ってきました。

感想:

すごい!


他に何が言える?観終わった直後は、シートから立ち上がることが出来ず、一緒に行った夫に、「すごいなマイケル。な、すごいな」と、ただ繰り返すばかり。
時間が経って、やっと出てきた感想が、「マイケルは地球」。ん?言葉にしたら何か変。でも、そう思った。

素晴らしすぎるダンス、歌唱、表現、忍耐力、思いやり、謙虚さ、才能。
語り尽くせない、マイケルの魅力。

一時でもメディアに踊らされて、マイケルの事を変な目で見ていた自分が恥ずかしい。
あんなステキな人。あんな素晴しい人。

あの溢れ出る才能を、素晴しい表現力で作り上げてるショーの裏側。でも、あの表現力を持ってしても、表現しきれているのだろうかと思う程の有余る才能。
きっとマイケルには、もっともーーーーっと、いろんなアイディアや構想があるだろう。と思った。

そしてマイケルは、純真で透明で繊細。やさしくて穏やかで温かい。

映画は、アルバムスリラーのオープニング同様、Wanna Be Startin' Somethin' ではじまった。心が躍った。
始めの方で、マイケルがもうこの世にいない事を思い出し、ちょっと泣いた。
ダンサーやシンガー、バンドメンバーにスタッフ。全員がマイケルの事を大好きでリスペクトしている姿にまた泣いた。
マイケルの衰えないダンスと歌唱力に、感動してまた泣いた。

途中、Beat It のところでは、もうワクワクが絶頂で、足で思いっきりリズムをとっていた。
スリラーのPVリメイク、I Just Can't Stop Loving You での掛合、どれも胸が高鳴った。

明確なビジョン、的確な指示、心踊るアイディア。
みなを惹き付けて止まない。

そして、大きな志と今回の50回にも及ぶロンドン公演。
4年で地球温暖化をストップさせるって、どんな構想があったんだろう。
マイケルが目指していた、美しい地球に、私たちは近づけることはできるだろうか。
どこかにマイケルの心のうちを綴ったノートはないのかな。誰かにその壮大な構想を打ち明けていたのかな。

映画の最後、エンドロールにあった名前にまた泣いた。マイケルとお父さんの確執についてとやかく言われてるけど、マイケルはきっと、お父さんに感謝していたと思う。その気持ちはスタッフは知っていて、こうクレジットされたんだと思う。

Special Thanks to
The Jacksons
Mr. & Mrs. Jackson


素晴しい映画でした。
マイケル、ありがとう。

@@@@@@@@@@@@@

ベックもいいセンいってるよ。マイケルとそう遠くない。:P

2009年2月13日 (金)

David Campbell

Beckのお父さん、David Campbell が、グラミーでのレディへ+マーチングバンドをアレンジしたみたい。

トムが deadairspace でお礼をいってますclover

deadairspace

2009年2月10日 (火)

グラミーのパフォーマンスを観て

タイトルの通り、パフォーマンスをチラ見しただけで、じっくりは観てません。
誰が何を受賞したとか、さっぱり認識していませんのであしからずご了承下さい。


Cold Play - Viva La Vida

個人的にこの曲は『奇跡の一曲』だと思う。
正直、彼らの曲をどうでもいいと常々思っている私ですが、この曲は違う。
まず第一に音がいい。劇的なストリングスから始まり、美しいメロディーライン。完成度も高く、すばらしい。
ただ、ボーカルの鼻声がイカン。


Paul MacCartney & Dave Grohl - I Saw Her Standing There

サーの後ろでジーザスが、、、これでもか!!!って程ドラムをぶっ叩いてましたね〜。素敵すぎます、デイブのアニキ。
サーが歌い終わった後、アニキが最高の笑顔と尊敬の眼差しでサーに拍手を送っていました。爽やかです、アニキ!


U2 - タイトル知らん。。。(汗)

なんか、The Edge のギターが普通過ぎた。あのギターがいいんやん。あれがなかったら見る価値ないし。(毒)


Radiohead - 15 step

House of Card ではなく 15 Step。舞台映えする選曲でよかたと思います。
しかし、、、トムとジョニーしかいなかった。それでいいのか他のメンバーは。
トムがいつもより若返ってた。今までに無い程、髪型イケてた。
クネクネの動きはいつもよりちょっと激しかった。
演奏後、ブラスバンドを激励してる風のジェスチャーが微笑ましく、素敵でした。


あとは。。。まだ観てません。あ、ジャックブラックが嫁の父(か?)と一緒にプレゼンターをしてた。かっこよかったわ。

今年のブリッツは誰がパフォーマンスするのか知りませんが、グラミーよりは楽しみ。

2009年1月23日 (金)

ユニコーン - WAO!

再結成と言う事で、ちょっとPV検索してみました。
わーーーー、十何年かぶりというのに、なんですか、この変わらぬ感じは!
めっちゃユニコーンやん!

あれ? でも、、、なんで?

なんで民生じゃなくアベがリードボーカル?
なんで民生さん?歌わずに嬉しそうに笑って。ただそこにいるだけ?
まあ確かに、解散前とかは結構ツインボーカルっぽくなってたけど。。。

なんか ベクとブライアンみたいね、民生とアベ。


でも他のメンバーもコスプレして踊ったり、すっごい楽しそう!
大学一回生だった頃を思い出したよ。
通学の片道2時間、ずっと音楽聴いてたな〜とか。そう言えばレピッシュにも行ったな〜とか。大阪厚生年金会館で『縦ノリ禁止』ってビラ、よくもらったな〜とか。

そう言えば、ドラムの西川くん、民生がバンドに入るって言ったときは、花火が打ち上がった感じがしたって言ってたとかなんとか、って事まで思い出して来た!
妹の親友(ユニコーンの大ファン)は、ギターのテッシーの ギター教室的なものに参加したらしい、とか。
ベースのエビは ARBの大ファンで、そこから『エビ』と名前と取った、とか。今はそのARBのメンバーになってるからすごいね。
と、思い出しついでにユニコーンの知識を一通りひけらかしてみました。


と言う事で、、、
ユニコーン再結成のツアー観に行く気はないけど、アルバムは買おうかな。と一人思ふ夜更けかな。
来週のMステにも出るそうな。

楽しみnotes

2008年10月22日 (水)

The Charlatans - 来日するらしい

詳しくは。。。

そうか、結構前に決まってたんですねー。チケットももう発売されてる。
行こうかな〜。

でもこれで今週末の Sigur Rós 大阪公演は無理やな。そんなに出かけられへんのが母親の悲しい性。


おとつい京都案内して差し上げた Sigur Rós ファンの男子2人。
この2人を含む数人で Sigur Rós のサイトを運営してるらしく、ジャパンツアーのチケットも無料で今からでも入手できるらしい。
だから金曜日の大阪公演、誘ってくれたんやけど、、、「see you on friday!」って別れたけど、、、断らねば。


月末には英会話の先生のライブ(Jazz)もあるし、それも行きたいし。。。


もちろんベックも全公演行きたいけど、今のとこ大阪のみ確定。

The Charlatans どうしよう。
昔、大好きやったなー。Timくんかわいかったなー。
彼らのライブは多分3回行ってる。

ウィキで来日履歴調べたら。。。
1991年4月7日 (初来日) 大阪IMPホール
1995年11月30日 大阪ベイサイドジェニー
1997年9月7日 大阪・梅田ヒートビート
全9回の来日(フェス含む)中、この上記3公演には行った。確かに行った。ベイサイドジェニーのときはメンバーとバーで遭遇した。かわいかった〜。(今はすっかりおっさん集団やけどsweat01)


そうか。久しぶりに行ってみるか。
でもまた1人か。。。

誰か一緒に行ってくれる人〜!!!

2008年10月15日 (水)

Radiohead Live @ 大阪市中央体育館

10月2日(木)
オープニングアクト : Modeselektor (←誰?)

私にとっては初めてのレディヘライブ。
初めはアリーナB3ブロックのチケットを持っていましたが、やはり前方の喜びを味わってしまった者(レッチリ-アリーナ座席12列目、ポリス-アリーナ座席2列目、ベック-スタンディング最前間近)としては、Aブロックが欲しかった。
ので、Mixiで定価で譲って頂きました(thanks! Gさん)。

ではまず、どうして今までレディヘライブに行った事が無かったかというと、、、

全く理解できなかったから。(一応、CDは出るたびに聴いていた。チェックチェック。)

あの世界観が理解できなかった。
し、イイと思ったこと無かった。
それなのに、世界的に評価が高いのはなぜなのか、もひとつ理解できなかった。
(ちなみにトムの事はデビュー当時から大好きです。チョー好み。ベクよりトキメく。)

でも、去年出た In Rainbows を聴いて、突然好きになったのですよ!今までに無い、ソフトな感じがよかったのですよ。
そうすると、昔の曲もだんだん良く聴こえて来るから不思議。

で、今回、初めてライブに行く事にしました。
ベク友のMくんもずっとレディヘ来日を待ちこがれてたので、きっと行くだろうと思い、メールしてみる。
すると、「早くから並んでるから、来てもいいよ。」とのことだったので、会場ぎりぎりに到着するも、入場列の40人目あたりに入れてもらいました〜!Mくんと彼女、ありがとう!

早々に入場できたので、前から2番目中央あたりに3人で陣取ったけど、ビールとか売ってないし!
前座がはじまるまでにまだ1時間半もあるし。。。
周りは熱狂的なレディヘファンばかり。。。
Mくんもコアなファンなので、ワクワクしてるし。

でも私はその次の日に『ベック来日公演チケット発売』を控え、ソワソワ。
全然、全く、目の前で今にもはじまろうとしている『初レディへ』に集中できない!!!

それで、どうしてもビールがのみたくなったので、B3ブロックのチケットを譲った妹のダンナさんに電話して、ビールを買ってきてもらいました。
Mくんと彼女にお礼とお別れをいい、2列目中央を去り、再入場ゲートへ。
ビールを飲み、ロックについて語ったりしてるうちに、やっとレディヘライブモードになってきたところで再入場しました。

2人そろってAブロックに入るのは無理なので、B3ブロックへ。(Gさんごめんね!)
前座のグループはバンドと言うよりDJ集団。ショーモナかった好みでなかった。

30-40分の我慢の後、やっとレディへのセッティングがはじまった。

Rh_2


きれいなセット!
キャー、はじまった〜!
トムかっこいい!!
ジョニー、めっちゃジョニー!!
メンバー全員、演奏うまっ!!!


演奏は、今まで聴いたいろんなバンドのライブの中でも最高でした。すごい。うまい。完璧。
途中、トムがカメラに片目を押し付ける程近づいて歌ったりして、かわいかった。
ベックとは違い、トムはよく踊る。踊るというか、体で表現してるのか?表現ではなくって、溢れ出てるのか?

でもふと気付いた。
なんかちがう。。。私、楽しんでない。。。?

すーっと立ちっぱなしで疲れたのと、飲みながら聴けないのと、好きな曲をしてくれない、など、なんやかんやでヘトヘト。
でもそれだけ?

終演間近にやっと気付いたんやけど、

やっぱり私、レディヘ好きじゃないかも。。。

でも興味はある。確かにある。けど好きじゃない。。?

そうや!興味はあるけど好きじゃないんや!と。


という訳で、帰り道はたこ焼きを食べ、ビールを飲みながら、妹のダンナがビートルジュースに似てるとか、マイケルジャクソンはイギリスの空港では女王しか通れない出入り口を使うとか、そんな話をしながら帰ったのでした。


はやく3月にならへんかな〜っと

2008年6月18日 (水)

Robert Smith にファンレター

Ogvyncaw
実は私、The Cure の Robert Smith の23年来のファンです。
高校生の時は、彼のお嫁さんになるつもりでした。



で、今現在、ロバヲの家がある町に、私の妹がやぼ用で訪れていまして。。。
『もしかしてあえた時』に備えて、ファンレターを持っていってもらいました。
といっても、ポストカードになんやかんや書いただけなんですけどね。sweat01

高校生の時に買った、ロバヲさんのポストカードもあったんですが、さすがに本人もそのカードもらってもねぇ。なので北欧土産のムーミンのカードにしました。

返事来るかな〜。
wish me luck!


去年のフジロックの映像。。。太いけどかっこいいいいいい!!!(涙)





この頃(1987頃)は着ぐるみ着ててもまだスリムでお美しいheart


この頃テレビで耳にしてしまう聴きたくない曲

エグザイル(スペル知りません) - 銀河鉄道999 (なんかビールっぽい飲み物のCM)

倉木麻衣 - Top Of The World (洗濯洗剤かな?のCM)


誰かやめさせて!

2008年4月22日 (火)

もう彼の事は忘れたい

あかん、、、毎日毎日、一時たりともデイブの事を考えない時は無い。
それぐらい夢中です。でも、叶わぬ恋。早く彼の事は忘れたい。

でも、パソコンのデスクトップもデイブやし、スクリーンセイバーもこないだの大阪公演の写真やし、iPodでプレイするのもフーファイやし。。。

忘れられるはずがない。。。

ここで思いきって、「いや"〜!!!こんなのデイブじゃない!!!キモい〜」ってビデオを観て、嫌いになろうと思います。


Low by Foo Fighters

(このビデオは埋め込みできないようです。。。)

ああぁぁぁ。。。キモい。うん、だいぶ嫌いになって来た。女装もかなりキモいし、普通の服装もかなりダサイ。メッシュのTシャツって。。。

よし、かなりイヤになって来た。
じゃあ次はこれ。



Tenacious D - Beelzeboss

その赤い悪魔がデイブだそうで。。。
キモい!肩幅があかん。男前の肩幅じゃない!


うん。もう大丈夫。きっと忘れられる。
さようなら。。。