フォトアルバム

last.fm

ブログパーツ

Beck関連サイト

« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

Charlotte Gainsbourg and Beck @ MORNING BECOMES ECLECTIC / KCRW

KCRWでシャルロットとベックのライブセッション+インタビューがあったので観ました。
実はIRMデラ盤買ってないので、この映像観るのは初めて♪

セットリストと、私の感想を織り交ぜて、(自分用に)ザクッとメモっときます。

1) The Songs That We Sing (by Air)

2) Time Of The Assassins (2曲目) のベックのギター!ステキすぎ!んで、なんでまばたきしーひんの?そんでシャルロットが「は〜れる〜や〜」って歌った後のベックのコーラスが天使の歌声に聴こえる!

3) Dandelion

4) Heaven Can Wait なんか、初めてベックに頼りがいを感じてしまった。お兄さん、かっこいい!的な。

5) In The End ベックが演奏終了後に"したり顔"で微笑んだ〜!

インタビュー
シャルのMRIに入った経験談とか
音がリズミカルで興味深かった。ベックもそれが好きだと。か。
そのたもろもろ

6) Master's Hands メガネのベース、顎なさ過ぎ (早速メガネよばわり。あは。)

7) Me And Jane Doe

8) Trick Pony

9) Vanities

10) La Collectionneuse アレンジされてるしキーも違う。ますますミステリアス。


そう言えば、KCRWの前の人、やめたんだね。すっかり忘れてた。今回の人もなんかステキじゃない?結構好みのタイプ♥
KCRWは、日本のメディアみたいにどうでもいい事聞いたりしない、やぼな事聞かない、知ったかぶりしない。品がよくって落ち着いてるから好き。

coachellaでも是非ともシャルロットのサポートしてあげて欲しいわ。ブライアンとメガネだけでは心許ない。。。(ジョーイもいるが)。

なんか支離滅裂ですが、以上!