フォトアルバム

last.fm

ブログパーツ

Beck関連サイト

« IRM - Charlotte Gainsbourg | メイン | Charlotte Gainsbourg and Beck @ MORNING BECOMES ECLECTIC / KCRW »

2009年12月21日 (月)

This Is It - Michael Jackson

やっと先週末、観てきました。
マイケルは特に大好きって訳ではなかったけど、80'sに中学時代をすごした者にとって、マイケルはもちろん、King of Pop、無視できない存在だったわけです。
それで、先週金曜からはじまった、アンコール上映に行ってきました。

感想:

すごい!


他に何が言える?観終わった直後は、シートから立ち上がることが出来ず、一緒に行った夫に、「すごいなマイケル。な、すごいな」と、ただ繰り返すばかり。
時間が経って、やっと出てきた感想が、「マイケルは地球」。ん?言葉にしたら何か変。でも、そう思った。

素晴らしすぎるダンス、歌唱、表現、忍耐力、思いやり、謙虚さ、才能。
語り尽くせない、マイケルの魅力。

一時でもメディアに踊らされて、マイケルの事を変な目で見ていた自分が恥ずかしい。
あんなステキな人。あんな素晴しい人。

あの溢れ出る才能を、素晴しい表現力で作り上げてるショーの裏側。でも、あの表現力を持ってしても、表現しきれているのだろうかと思う程の有余る才能。
きっとマイケルには、もっともーーーーっと、いろんなアイディアや構想があるだろう。と思った。

そしてマイケルは、純真で透明で繊細。やさしくて穏やかで温かい。

映画は、アルバムスリラーのオープニング同様、Wanna Be Startin' Somethin' ではじまった。心が躍った。
始めの方で、マイケルがもうこの世にいない事を思い出し、ちょっと泣いた。
ダンサーやシンガー、バンドメンバーにスタッフ。全員がマイケルの事を大好きでリスペクトしている姿にまた泣いた。
マイケルの衰えないダンスと歌唱力に、感動してまた泣いた。

途中、Beat It のところでは、もうワクワクが絶頂で、足で思いっきりリズムをとっていた。
スリラーのPVリメイク、I Just Can't Stop Loving You での掛合、どれも胸が高鳴った。

明確なビジョン、的確な指示、心踊るアイディア。
みなを惹き付けて止まない。

そして、大きな志と今回の50回にも及ぶロンドン公演。
4年で地球温暖化をストップさせるって、どんな構想があったんだろう。
マイケルが目指していた、美しい地球に、私たちは近づけることはできるだろうか。
どこかにマイケルの心のうちを綴ったノートはないのかな。誰かにその壮大な構想を打ち明けていたのかな。

映画の最後、エンドロールにあった名前にまた泣いた。マイケルとお父さんの確執についてとやかく言われてるけど、マイケルはきっと、お父さんに感謝していたと思う。その気持ちはスタッフは知っていて、こうクレジットされたんだと思う。

Special Thanks to
The Jacksons
Mr. & Mrs. Jackson


素晴しい映画でした。
マイケル、ありがとう。

@@@@@@@@@@@@@

ベックもいいセンいってるよ。マイケルとそう遠くない。:P

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347911/22684493

This Is It - Michael Jacksonを参照しているブログ:

コメント

>「マイケルは地球」
なんか、その感じ分かる! もはや、人種とか性別をも超えた存在。
“マイケル”は“マイケル”なんだと感じました。
アタシは「I'll Be There」で泣いた。
来年また再上映するんでもう1回見に行きたい!

コサメさん
そうだよねー マイケルは"マイケル"であって、他になにでも言い表せないよね。
あと、マイケルの表現全てがマイケルの"言語"だなぁと。その言語は、人々の想像を超えてるが故に、マイケル以外に正しく解釈できないの。それはきっとベックもそうで、わたしたちが理解とか解読とかはできないの。そんな気がした。

>マイケル以外に正しく解釈できないの
あ、分かる。そんな感じだよね。
唯一無二の存在だから、誰もマイケルにはなれないし、
誰もマイケルを完全には理解できない。それゆえ孤独、それゆえの優しさ。
Beckもそうだよね。考えてる物事の領域が違う。

This Is Itをみてから、90年代のライブを2本見たけど、
もちろんすごかったけど、
This Is Itが一番神掛かってみえますた。
しなやかで、美しい。ビートイットがもう一度みたい!

hamさん
そうか、90年代よりイイってすごいね。
やっぱりあのツアーするって発表したときに「This is it! - これで最後」って言っただけあって、魂がこもってたんだね、きっと。
ビリージーンも凄かったね。もうその頃私は、胸一杯で、ほわぁ~と観てた。
もう一回 映画館で観たい~ (私もDVD予約したよ)

コメントを投稿